葬式の焼香の仕方

仏式のお通夜やお葬式では焼香という行為が行われます。
焼香はお経と並んでお葬式の中心となる行為であり、霊前を清めて敬虔な心で亡くなった方の冥福を祈るという意味がこめられている行為になります。
お通夜や法事では線香、お葬式や告別式の際には抹香が行われることが多いです。
自宅や寺院などで座ったまま行うことが多く、斎場などでは立ったまま行います。
自分の順番が来たら祭壇の前に進み出ます。
僧侶を遺族に一礼をします。
遺影に向けて一礼をします。
線香をあげる本数やくべる回数に関しては宗派によって違いがありますが、一般的には線香は1本か3本、焼香は1回から3回行えば大丈夫です。
宗派がわからなくても心を込めて焼香することが大切になってきます。
実際の焼香の仕方ですが、数珠を持っている場合は左手に持ちましょう。
抹香を右手の親指と人差し指と中指の3本でつまんで、目の高さに掲げます。
香炉の中に静かに落とすことを1回から3回繰り返します。
再び合掌して遺影に向けて一礼した後、僧侶と遺族に一礼します。