近年、行われる葬儀の流れとは

葬儀とは、故人の死亡から火葬後の法要までの一連の儀式や手続きなどを言います。

葬儀の流れは、まず葬儀会社に連絡をして遺体を自宅や斎場などの安置所へ運びます。搬送後に病院などへの支払いと死亡診断書の作成を依頼し、近親者へ連絡をして葬儀会社と葬式などの打ち合わせを行います。次に、お寺に連絡をして僧侶を手配してもらい、僧侶が到着するまでに枕飾りや斎場の準備を行いましょう。ここまで数日掛かる場合もあります。

そして、僧侶に読経してもらったら、納棺をして寺や斎場に運び、通夜を行います。本来、通夜は近親者のみが行うものでしたが、近年では通夜のみに出席する弔問客も多く、通夜の法要を行った後、通夜振る舞いが行われる事が一般的です。

翌日、葬式と告別式を終えたら出棺し、霊柩車で遺体を火葬場へ運びます。火葬を終えたら、骨壷に拾骨して寺や自宅へ戻り、遺骨、位牌を安置して僧侶に読経してもらいます。なお、近年は遺族や会葬者の負担軽減のため、初七日の法要も合わせて行うケースが大半であり、それらが終わった後に精進落としを行うまでが一般的な葬儀の流れとなります。