家族葬で近隣トラブルを防ぐ

生前の段階から家族葬で執り行うと決めている方は、可能な限り近隣の住民に対してそれとなく伝えておくと後々トラブルに発展しません。
近隣の住民は訃報を知ると、高い確率で訪れて頂けるのですが、逐一断るのは大変ですしせっかく来て頂けたのに申し訳ない気持ちになってしまうものです。
また、訃報を知らせる紙などによって知る方も多いのですが、そのような紙には家族葬であるが故に参列は遠慮させてほしいという旨を記載しておきます。
すると、滞りなく予定していた家族葬が計画通りに進行できるようになるのです。
そして、訃報すら知ることができなかった方に対しては事後報告という形式になってしまうのですが、事後報告の際には丁寧に家族葬で執り行った事を書いておくとお互いが嫌な気持ちになりません。
自宅に訪れて頂ける方をはじめ、皆香典などを手にして訪れることから、予め丁寧に断る事ができるように考えておいてください。
仮に受け取った場合は法要を終えた後に返礼品を送ります。