月次アーカイブ: 2月 2017

葬儀の際には、挨拶は気を付けたいところです。使用してはいけない言葉などがあるため注意が必要となります。
まず、お悔やみの言葉は、シンプルで差しさわりのないものを手短に述べます。言葉数が多いと失礼にあたることがあるため注意が必要となります。
次に、弔辞は、告別式で故人が親しかった友人や知人などが故人に語り掛けるように別れを告げます。
弔電は、親しい方の訃報が届いたときに、すぐに駆け付けられない場合、事情によって参列できない場合に打ちます。
それぞれの挨拶の中で使っていけないのが、忌み言葉となります。忌み言葉の中には、重ね重ねなどの重ね言葉、再びや度々などの繰り返すことを連想させる言葉、死亡や死去など直接的な表現や、縁起の悪い4や9の数字など、忌み言葉は避けることが最低限のマナーであり礼儀となります。
喪主の挨拶は、遺族の代表者の挨拶となります。締めくくりの言葉となり、簡潔に感謝の言葉を伝えれば大丈夫です。