喪中はがきとはどのようなもの?

親族に不幸があった場合には、近親者を呼んで葬儀を執り行うかと思います。
そうなると、その年のお正月に喪中ハガキを送ることになるかと思います。

喪中はがきとは、年賀状を控える旨を、前もって11月から12月上旬頃までにお知らせするために出す挨拶状のことです。一年間以内に近親者に不幸があった場合、喪に服していますので、慶びに関する行事を行わないことや、年始挨拶や年賀状を送ることを控えさせていただきますということを、年賀状をいただきそうな相手に出しておきます。年賀状を遠慮する旨を伝えることから、「年賀欠礼状」や「年賀状の欠礼はがき」などと呼ばれることもあります。年賀状受け付け開始の12月15日までを目安に出すとよいですが、年末に近親者が急に亡くなるなどで、前もって発送するのが間に合わないような場合があります。その場合は、喪中はがきを年賀状の返信として出すこともあります。
年賀状は年の初めの挨拶として、いまだに根付いている風習の一つです。新年の喜びを伝えるもので、普段あっていない人ともつながることが出来る機会として貴重なものでもあります。
しかし、喜びを伝えるものであるため、喪に服している間は出さないことが一般的になっています。仕事上の関係であったり、亡くなった人と血縁が近くてもそれほど交流がなかった場合などは気にしないこともありますが、一般的には喪中はがきなどを出して年賀状を出さないことになります。
しかし、喪中はがきが間に合わない時期に不幸があった場合などは、相手から年賀状が来てしまうことがあります。そのような場合は寒中見舞いはがきを送ることで対応することになります。

 

<PR>工務店向け集客ノウハウ生命保険の選び方 | 家計見直しクラブ | お家の見直ししま専科 | 健康マニアによる無病ライフ | 貯蓄 | アフィリエイト相互リンク | 生命保険の口コミ.COM | お家の見直ししま専科 | ページランク | 英語上達の秘訣 | 英語上達の秘訣 | 住宅リフォーム総合情報 | マッサージのリアル口コミ.com